キリスト・イエスは罪人を救うためにこの世に来られた。 Tテモテへの手紙1章15節
Home
English

がん抑制遺伝子
がん抑制遺伝子とは?

「がん抑制遺伝子」・・・がん予防や治療に関して、この言葉をお聞きになったことのある方もおられるのではないでしょうか。このがん抑制遺伝子の代表的なものとして、"p53"があります。  発見のきっかけは、がん細胞の中で高頻度にp53が見つかったことでした。そのためp53は当初、がん遺伝子と思われていました。しかし、それらのp53は、正常な働きを失った異常p53であることが判明しました。同時に、私たちが通常持っているp53は、むしろがんを抑制するのではないかと考えられ、研究が開始されました。


がん細胞
がん細胞と赤血球

★ 驚異のがん抑制遺伝子

生物のDNAは、放射線などの様々な刺激によって、常に突然変異を起こす危険性にさられさています。驚くべきことに、p53は、がん化した細胞のDNAの突然変異を、いち早くキャッチする機能を持っているのです。そして発見したがん細胞の分裂を止めてがん細胞の増殖をくい止めたり、がん細胞を自滅に追い込むなどの機能を働かせて、がんを抑制していることがわかってきました。


★ がん抑制遺伝子ーあなたの体の守護者?

つまり、p53は、あなたの体の中で、あなたのDNAを常にパトロールしているのです。いったん突然変異を発見するやいなや、そのツールを巧妙にあやつり、がん細胞にダメージを与え、がんから守ります。

<< 前のページ 1 / 2 次のページ >>
〒064-0811 札幌市中央区南11条西6丁目2-28
TEL:011-513-5656
お問い合わせ先
Home English