キリスト・イエスは罪人を救うためにこの世に来られた。 Tテモテへの手紙1章15節
Home
English

幸せですか?
本当の幸せ
本当の幸せ

神様は私たちが持つべき幸せとは何かを教えるために、ダビデ王にすべての経験をさせ、彼の口から本当の幸せを語られました。

その彼が言う幸せとは「神様に自分の罪が赦される」ということです。赦されなければならない罪とは何でしょうか。それは神を神と認めないことであり(無神論)、また、人間が作り出した偽りの神々(偶像)を拝むことです。

この世には間違って「神」と呼ばれる物がたくさんあって、どの「神」を自分の神としようが、個人の自由のように思えます。しかし子供が自分の親を選ぶことができないように、人間は自分の造り主である神様を選ぶことはできません。真の神様を信じることが正しいのです。私たちはその点で神様に罪を犯したのです。

真の神様を見失った人間は、聖書が診断しているようにあらゆる不義と悪とむさぼりと悪意とに満ち、ねたみと殺意と争いと欺きと悪だくみとでいっぱいになった者、陰口を言う、そしる、神を憎む、人を人と思わぬ、高ぶる、親に逆らう、わきまえのない、約束を破る、情け知らず、慈愛のない者と、してはならないことをする罪人に落ちてしまったのです。

これが私たちの現実の姿です。この罪のカルテを見るとき、自分に当てはまらないと言うものが一つでもあるでしょうか。私たちの内にある良心はその罪を責め立ててきます。

このページの先頭へ
〒064-0811 札幌市中央区南11条西6丁目2-28
TEL:011-513-5656 FAX:011-513-5677
お問い合わせ先
Home English