キリスト・イエスは罪人を救うためにこの世に来られた。 Tテモテへの手紙1章15節
Home
English

なぜ、キリストは十字架で?
私たちの現実の姿
なぜ、キリストは十字架で?
(映画「Passion」より)

私たちは、いつも他人と比較して「自分はまあまあ正しい生き方をしている。」と、自分に言い聞かせて安心しています。しかし、「すべての人の心を知っておられる」神様に自分自身を照らしてみるなら「自分に罪はない」と、言えません。

聖書は、「すべての人は罪を犯した」「義人はいない、ひとりもいない」と語っています。私たちは必ず死を迎えこの世から去るのです。そうしたら、私たちの死後はどうなるのでしょうか。

もし、罪の赦しなしに死を迎えたなら、聖書が「死後さばきをうける」と警告している通りに、自分の犯してきた罪はさばかれます。その人は地獄という所で、終わることのない刑罰を受け続けるのです。何と恐ろしいことでしょう! これが、神様を信じない罪人の結末なのです。

私たちの身代わりの死

ところが、神様は罪人をその地獄から救うために、神の御子イエス・キリストを、私たちの身代わりとして十字架につけて、神様に対する罪を解決してくださったのです。罪のないお方が罪人に代わって罪の清算をしてくださったのです。イエス・キリストが十字架で苦しまれ、一滴、一滴と血をこの大地に注ぎだしてくださった事実は、あなたと私を永遠の地獄のさばきから救うためであったのです。それが、十字架へと突き進んで行かれた理由なのです。キリストの身代りの死は、彼がこの世に来られる700年も前から聖書で預言されていた出来事でした。

このページの先頭へ
〒064-0811 札幌市中央区南11条西6丁目2-28
TEL:011-513-5656
お問い合わせ先
Home English