キリスト・イエスは罪人を救うためにこの世に来られた。 Tテモテへの手紙1章15節
Home
English

クリスマスの本当の意味
私たちを救うためでした
私たちを救うためでした
その前に、私たちは、救いを必要としている罪人であり、滅びの道を歩んでいる者であることを知らなければなりません。私たちの人生には、暗いこと、悲しいこと、悩みなどが多くあります。また、世界には戦争があり、貧困があり、餓死する人があり、暴力や差別など、尽きることがありません。
しかし、それらの悲劇はみな、人間が神様にそむいて罪を犯し、万物の造り主である神様を畏れ敬おうとしないところから起こっているのです。
聖書には、
「すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず…」「人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっている」
と、罪人に対する神様の怒りが示されています。私たちは犯し続けてきた罪のゆえに、死後、燃える火の池の中で永遠にさばきを受け続けるのです。
しかし、神様は、私たち人間を心から愛しておられるお方です。そこで、そのさばきから私たちを救うために、イエス・キリストをこの世に送られたのです。キリストは罪のないお方であられるのに、私たちの罪のために十字架にかかってくださり、私たちの罪を清算してくださったのです。聖書は次のように語っています。
「神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の 愛が私たちに示されたのです。私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。」
このページの先頭へ
〒064-0811 札幌市中央区南11条西6丁目2-28
TEL:011-513-5656 FAX:011-513-5677
お問い合わせ先
Home English