キリスト・イエスは罪人を救うためにこの世に来られた。 Tテモテへの手紙1章15節
Home
English

渇いていませんか あなたの心 ?!
渇いてませんか あなたの心?!

私たちの生活はすべての点で、昔に比べて大変豊かになりました。百年前の文化文明の中で生活していた人々にとっては、想像もつかなかったことでしょう。現代のありあまる豊かさの中で生活をしている私たちに、聖書は次のように述べています。

「あなたは、自分は富んでいる、豊かになった、乏しいものは何もないと言って、実は自分がみじめで、哀れで、貧しくて、盲目で、裸の者であることを知らない。」 (ヨハネの黙示録 3章17節)

私たちは、外面的には幸せそうに見えますが、実は、むなしくて、満たされていないのが実状です。私たちは、その空虚な思いをまぎらわそうとして、レジャーに、スポーツに、そして、仕事に生きがいを求めて一生懸命です。時には、自分の心を偽って「自分はこれで良いのだ」と言い聞かせて納得させようとします。しかし、それでも、満たされず、むなしい思いだけが、心の奥に残るのです。
 聖書はその原因を次のように教えています。

「実に、神から離れて、だれが食べ、だれが楽しむことができようか。」(伝道者の書 2章25節)
神様を抜きにした人生

神様を無視して生きることが、むなしさの原因なのです。なぜなら、私たちは、神様に造られた者であり、神様との信頼関係で生きる者だからです。 私たちの命は偶然の産物ではありません。世界で初めて、人間の遺伝子の解読に成功した筑波大学のある教授は、命について次のように語っています。

「科学の現場では、これまで過去30年の間に、最も単純な生きもの、大腸菌について研究されてきましたから、生きものとしては一番良く知られています。しかし、世界の学者が束になっても、世界の富を全部寄せても、今のバイオテクノロジーの総力をあげても、大腸菌一匹も造れない。これは、生きものがいかにすごいかということです。細胞が60兆もある人間がなぜ生きているかは、まだ科学では手も足もでない。遺伝子は自然に、整然と読まれているのですが、これを動かしているものは、大自然の不思議な力としか今のところ言いようがない。だから決して私どもは自分の力だけで生きておるのではない。」と。

この教授のコメントから、命は偶然にできたものではないことがわかります。私たちは、人知を超えた神様によってきちんと計画され造られた者なのです。そのことについて、聖書は、次のように教えています。

<<前のページ 1 / 2 / 3 次のページ >>
このページの先頭へ
〒064-0811 札幌市中央区南11条西6丁目2-28
TEL:011-513-5656
お問い合わせ先
Home English