キリスト・イエスは罪人を救うためにこの世に来られた。 Tテモテへの手紙1章15節
Home
English

原点に返れ
原点に返れ

聖書は次のように語っています。

「人の心から出て来るものは、悪い考え、不品行、盗み、殺人、姦淫、貪欲、よこしま、欺き、好色、ねたみ、そしり、高ぶり、愚かさであり、これらの悪は…」

私たちは神様の御前において罪人です。しかも、その罪は確実に裁かれるのです。その裁きとは永遠の地獄であると聖書は警告しています。ですから、その罪を持ったままでは神様のところへ返ることができません。
 ところが聖書に、

「神は、罪を知らない方(イエス・キリスト)を、私たちの代わりに罪とされました。それは、私たちが、この方にあって、神の義となるためです。」

と罪人の救い道を神様はご用意されたのです。
 「イエス」という名の意味は「私たちを罪から救う」です。
 イエス様は、私たちの身代わりとなって、十字架の上で罪に対する刑罰のすべてを引き受けて下さいました。御子の罪なき血潮が流され、死なれたことで、罪人に対する刑罰は終わりました。そのことの確証として、墓に葬られたイエス様は、三日目の朝早くに死の力を打ち破って復活され、ご自分こそが救い主であることを明らかにされたのです。

ですから、今、イエス・キリストを信じる者はだれでも、罪の赦しと永遠のいのちが与えられます。もちろん、罪の刑罰の場所である地獄へ落ちる心配もなくなるのです。 
 聖書は続けて教えています。

「結局のところ、……神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである。」

「神の命令」とは、私たちが神様に立ち返り、イエス・キリストをご自分の救い主と信じる意味のことです。そうすれば、罪が赦され、永遠のいのちを持ち、死後は天国に必ず入るのです。これこそ、「人間の原点に返る」ということです。

<< 前のページ   1 / 2 / 3  次のページ >>
このページの先頭へ
〒064-0811 札幌市中央区南11条西6丁目2-28
TEL:011-513-5656 FAX:011-513-5677
お問い合わせ先
Home English