キリスト・イエスは罪人を救うためにこの世に来られた。 Tテモテへの手紙1章15節
Home
English

死後について考えてますか?

聖書は真理

聖書は真理

聖書は死後を語っていますが、宗教ではありません。誰もが信じなければならない神の御言葉、すなわち真理なのです。ではなぜ、聖書が神の御言葉であるといえるのでしょうか?

それは聖書には一つの偽りも無いからです。聖書は、3500年前から1900年前までの間に書かれ、世界の初めから終わりまでが記されています。その内容を歴史的、科学的に見ても全く間違いがありません。さらに1600年間の長きに渡り書かれたにも係わらず、一つの矛盾も無いのです。ですから、聖書が神の御言葉ということができるのです。そして、記されている事柄について私たちはその全てを受け入れなければならないのです


罪の刑罰

では、どうして人間は地獄へ行かなければならないのでしょうか?聖書は次のように書かれています。

「全ての人は罪を犯したので神からの栄誉を受けることができず・・・」

人間は罪を犯します。小さな罪から大きな罪、心の中の罪、さらに神様を信じない罪…。罪を犯さない人など一人もいません。ですから私も読者の皆様も世界中の全ての人が罪人なのです。その罪の罰を死後に受けるのです。永遠の地獄で、火と硫黄によって焼かれ、苦しみ続けるのです。

このページの先頭へ
〒064-0811 札幌市中央区南11条西6丁目2-28
TEL:011-513-5656
お問い合わせ先
Home English