キリスト・イエスは罪人を救うためにこの世に来られた。 Tテモテへの手紙1章15節
Home
English

だまされた幸せ
豊臣秀吉

「つゆとをち つゆときへにし わがみかな 難波の事も ゆめの又ゆめ」。日本人ならだれでも知っている戦国時代の武将、豊臣秀吉の辞世の句です。彼は貧しい農家に生まれながらも、やがて国の頂点に立った人物です。その彼が死期を迎えたとき、露のようにはかなく消える自分の名声、強大な権力、富のむなしさをうたいました。彼はある意味、人生の幸せを勘違いしてきた、と告白しているのです。

ほんとうの幸せとは何でしょうか。聖書は次のように語っています。

「幸いなことよ、そむきを赦され、罪をおおわれた人は。幸いなことよ。主が、咎をお認めにならない人・・・」

ほんとうの幸せとは、神様に罪が赦され、人生の意義を持ち、天国へ行ける者とされることです。


罪は不幸の代名詞

罪とは何でしょうか。それは神様のご存在を忘れ、神様を無視した人生を送っていることです。この世には、間違って「神」と呼ばれるものがたくさんあります。子供が自分の親を選ぶことができないように、神様を選ぶことは出来ません。自分の造り主を神様とすべきなのです。なのに、ある人々は自分が何を信じようが、個人の自由だといいます。これは私たちを造られた神様に対して失礼な行為です。これを偶像の罪といいます。また、まことの神様から離れてしまった私たちは生きる理由を失い、不道徳な者へと堕ちてしまったのです。

聖書は私達を次のように診断しています。

「あらゆる不義と悪とむさぼりと悪意とに満ちた者、ねたみと殺意と争いと欺きと悪だくみとでいっぱいになった者、陰口を言う者、そしる者、神を憎む者、人を人と思わぬ者、高ぶる者、親に逆らう者、わきまえのない者、約束を破る者、情け知らずの者、慈愛のない者です。」

悲しいかな、これが私たちの現実の姿なのです。私たちの良心は、その罪を取り上げて私たちを責めたててきます。

イギリスにナイチンゲールという看護師がおりました。彼女はクリミア戦争の惨状に心を痛め、自ら看護師38名を従えて戦場に赴きました。そして、傷ついた兵士たちを献身的に救護したのです。彼女は患者の立場に立った野戦病院の改革を行い、わずか数ヶ月で死亡率を半減させ「クリミアの天使」と賞賛されました。後に看護師養成所をつくり、それが現代の教育の基礎となり、赤十字運動の誕生に大きな影響を与えたのです。現在では彼女のことを「看護師の母」とか「健康を守る母」と、人々から立派な聖人と絶賛されています。ところが、その彼女の日記には次のように書かれていたのです。「私にとって最大の問題は、自分の心の中に罪があるという事実です。だれがこの罪の責めから私を救ってくれるでしょうか。」と。

前のページ 1 / 2  次のページ
このページの先頭へ
〒064-0811 札幌市中央区南11条西6丁目2-28
TEL:011-513-5656
お問い合わせ先
Home English