キリスト・イエスは罪人を救うためにこの世に来られた。 Tテモテへの手紙1章15節
Home
English

メリークリスマス!

クリスマスの時期に、町のあちこちで耳にする言葉「メリークリスマス!」。何かほのぼのとした暖かいものを感じるのはなぜでしょうか。それは、クリスマスの意味にかかわりがあります。

 

「きょうダビデの町で、あなた方のために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。」(聖書)

これが、最初のクリスマスメッセージでした。人類の歴史を二分したこの幼子の誕生は、現代に生きる私たちにも深い関わりがあります。なぜなら、私たちのために「救い主」がお生まれになったと、神様からの愛のギフトとして告げられているからです。では、なぜ私たちに「救い主」が必要なのでしょうか。

 

「救い主」を必要とする理由

 

私たちは生ける屍(しかばね)のような人生を送っているからです。生きていても、生きる理由を知らないのです。楽しいことをたくさん経験しても、ひとり静まって省みたら、言いようのない虚しさが心に残るのです。しかも、私たちは、神様を無視して生きる罪人で、人生の終わりの死後に、どうなるのか、どこへ行くのかをも知らないのです。

   

そんな私たちに、聖書は人の死後について次のように教えています。「人間には、一度死ぬことと死後にさばきをうけることが定まっている」と。私たちがこの世で豊かな繁栄を楽しむことができたとしても、死後に永遠のさばきが待ち構えていることはとても悲しいことです。
 ですから、そんな私たちの人生の不安を取り除き、罪のゆるしを与えられる、死後、確実に天国へ導いてくださる「救い主」が必要ではないでしょうか。

あなたの「救い主」

 

罪人をもこよなく愛された神様は、ご自身のひとり子イエス・キリスト様をこの世に送られました。このお方は、預言されていた通りに、定められた国から、定められた家系から、定められた時期に人となってお生れになった「救い主」です。

前のページ 1 / 2 次のページ
このページの先頭へ
〒064-0811 札幌市中央区南11条西6丁目2-28
TEL:011-513-5656 FAX:011-513-5677
お問い合わせ先
Home English