聖書って?

イントロ>たんけんちず>せいしょってはてな? >神さまってほんとうにいいるの?



(かみ)さまって本当(ほんとう)にいるの?

 

神さまってほんとうにいるの?ってきみはおもってるかもしれないね。

「神さまなんているわけないさ。だって見たことないじゃん。」
「いるような気もするけど…、まじめにかんがえたことないわ。」

きみのまわりには、神さまをしんじている人はあまりいないかもしれない。

でも、神さまは本当におられるんだ。
どうして、神さまがおられるってわかるんだろう?

 

地球と月
 

※りゆう1: 聖書(せいしょ)に「神さまはおられる」と書いてあるから。
土星


聖書には、「神が」とか「(しゅ)が」というみことばが3800回もでてくるんだ。

もし神さまがおられないのに、「神が」と書いてあったら、聖書は大うそつきの本だよね?

だけど、聖書はせかいでいちばんたくさん売れていて、たくさんの人たちがたいせつにして読んでるんだ。

そんな聖書がうそを言うはずないよね?

だから、聖書が教えている『神さま』はほんとうにおられるんです。

  つづきをよむ



聖書って?にもどる   探検地図に行く