聖書って?

イントロ>たんけんちず>せいしょってはてな? >なぜ戦争があるの?



どうして戦争(せんそう)があるの?



どうして戦争があるの?
戦争ってしっていますか?

戦争がおきると、たくさんの人がしんでしまいます。
戦争はとってもかなしくて、こわいことですね。
このせかいにどうして戦争があるんでしょう?

それは、人間が「つみ」をもっているからなんです。

「つみ」っていうのは、わるいことをしたり、心の中で思ったりすることです。 たとえば、だれかを「きらいだ」って思ったことがありませんか?
その思いがだんだんおおきくなると、国と国が、おたがいにくみあって、戦争がはじまってしまうのです。

ほかにも、自己中心(じこちゅうしん)という「つみ」があります。
自己中心というのは、自分さえよければ、ほかの人はこまってもいいとおもうことです。
だから、ほかの国のとちをかってに自分のものにしようとして戦争をしたり、自分がたすかるために、ほかの国をこうげきしたりするのです。

そして、いちばん大きな「つみ」は、神さまであるイエスさまををしんじない、ということです。これは、戦争の大きなげんいんなのです。

たくさんの人たちは、神さまをしんじないで、人間はぐうぜんに進化(しんか)したんだとおもっています。ぐうぜんできたとおもっているから、どうして人をころすことがわるいことなのか、わからないのです。そして、戦争のためにひとがしんでしまってもしかたがないと思ってしまうのです。

でも、人間は、神さまであるイエスさまがおつくりになりました。
人間のいのちは、イエスさまがあたえてくださった、たいせつなものなのです。
だから、人をころすことは、わるいことなのです。
わたしたち人間はみんな、このような「つみ」をもっているのです。

「つみ」をもっている人間は、しんだあと、じごくでばつをうけなくてはいけません。

でも、こんなわたしたちをじごくからすくってくださるために、イエスさまは十字架(じゅうじか)にかかってくださいました。
わたしたちのつみのばつを、かわりにうけてくださったのです。
そして、三日目によみがえってくださいました。

イエスさまを信じるだけで、わたしたちにえいえんのいのちをあたえて、天国(てんごく)に入れてくださるようにしてくださったのです。


聖書って?にもどる 探検地図に行く