本当にサルから進化したの?
イントロ>たんけんちず>本当にサルから進化したの?>始祖鳥のヒミツ

始祖鳥(しそちょう)のヒミツ


始祖鳥(しそちょう)って()ってる?(はね)があって(とり)みたいだけど、(ほね)恐竜(きょうりゅう)(は虫類(ちゅうるい)のなかま)の(とく)ちょうのある()(もの)化石(かせき)がみつかった。この始祖鳥のヒミツをみてみよう。



始祖鳥は、は虫類と鳥の中間(ちゅうかん)みたいに見える生き物だったので、は虫類が鳥に進化(しんか)してきた証拠(しょうこ)と考えられた。むかしの地球(ちきゅう)で恐竜といっしょに始祖鳥がはばたいていた・・・?!想像(そうぞう)すると、わくわくするね!


けど、じつは、は虫類と鳥って、よく調(しら)べると、見ためよりけっこう(ちが)うんだ。まず、うろこと羽。



(からだ)をおおっているのは同じだけど、しくみは全然(ぜんぜん)違う。進化したとなると、かなりの()があるよ。

つぎに、(はい)呼吸(こきゅう)をするところ)。




は虫類はふうせんに(いき)をすったりはいたりするような(かん)じで()(ぐち)出口(でぐち)が同じだけど、鳥は入り口と出口がべつべつで、息は入り口から出口にむかって(いっ)ぽう方向(ほうこう)(なが)れる。しくみはかなり違うよ。


結論(けつろん):は虫類と鳥は、背骨(せぼね)を持っている所と(たまご)から生まれる所は()ているかもしれない。でも、中味(なかみ)を見ると、しくみは全然違う。は虫類から鳥に進化したと考えるのは、かなり無理(むり)があるよ。



本当にサルから進化したの?にもどる   探検地図に行く