渇いていませんか あなたの心 ?!

私たちの生活はすべての点で、昔に比べて大変豊かになりました。百年前の文化文明の中で生活していた人々にとっては、想像もつかなかったことでしょう。現代のありあまる豊かさの中で生活をしている私たちに、聖書は次のように述べています。

「あなたは、自分は富んでいる、豊かになった、乏しいものは何もないと言って、実は自分がみじめで、哀れで、貧しくて、盲目で、裸の者であることを知らない。」 (ヨハネの黙示録 3章17節)

私たちは、外面的には幸せそうに見えますが、実は、むなしくて、満たされていないのが実状です。私たちは、その空虚な思いをまぎらわそうとして、レジャーに、スポーツに、そして、仕事に生きがいを求めて一生懸命です。時には、自分の心を偽って「自分はこれで良いのだ」と言い聞かせて納得させようとします。しかし、それでも、満たされず、むなしい思いだけが、心の奥に残るのです。聖書はその原因を次のように教えています。

「実に、神から離れて、だれが食べ、だれが楽しむことができようか。」(伝道者の書 2章25節)

神様を抜きにした人生

神様を無視して生きることが、むなしさの原因なのです。なぜなら、私たちは、神様に造られた者であり、神様との信頼関係で生きる者だからです。 私たちの命は偶然の産物ではありません。世界で初めて、人間の遺伝子の解読に成功した筑波大学のある教授は、命について次のように語っています。

「科学の現場では、これまで過去30年の間に、最も単純な生きもの、大腸菌について研究されてきましたから、生きものとしては一番良く知られています。しかし、世界の学者が束になっても、世界の富を全部寄せても、今のバイオテクノロジーの総力をあげても、大腸菌一匹も造れない。これは、生きものがいかにすごいかということです。細胞が60兆もある人間がなぜ生きているかは、まだ科学では手も足もでない。遺伝子は自然に、整然と読まれているのですが、これを動かしているものは、大自然の不思議な力としか今のところ言いようがない。だから決して私どもは自分の力だけで生きておるのではない。」と。

この教授のコメントから、命は偶然にできたものではないことがわかります。私たちは、人知を超えた神様によってきちんと計画され造られた者なのです。そのことについて、聖書は、次のように教えています。

「それはあなた(神様)が私の内臓を造り、母の胎のうちで私を組み立てられたからです。」 (詩篇139篇13節)

しかも、私たちが生きていく上で必要不可欠な衣・食・住は、神様から与えられているのです。ですから、神様を信頼し、感謝して生きることは、人間として当たり前のことなのです。

ある人は言います。「俺の命、俺の人生、俺が築いてきた道」。確かにそうです。しかし、資本である命は自分のものではありません。私たちは、親も、性別も、時代も選択できずに生まれて来ました。しかも、死の期日さえ知らないのです。なぜなら神様がすべてを決めておられるからです。そんな私たちに、どうして、「俺のもの・・・・・・」と言えるのでしょうか。

また、ある人は言います。「俺は神抜きでも生きられる」。しかし、人は何のために生き、何のために学び、何のために仕事をするのか? それらの人生の根本的な問題を造り主を抜きにして知ることができるでしょうか。私たちはまるで、どこに向かって走っているのか分からない電車に乗っているようなものです。

神様を無視しても私たちが生きられるのは、神様がそんな反抗者をも愛し、やがて神に立ち返るのを待っておられるからです。人間は動物とは違い理性があります。ですから、私たちが生まれてきた意味、死後の行き先などを明確にしない限り決して満足を得ることが出来ないのです。神様こそ、私たちの人生の道案内であられるのです。

この神様を抜きにした生き方では、どれほど豊かなものを手に入れても、快楽の生活を送っても、心は満たされず、ただ渇くだけです。

死後の行き先を知らない人生

聖書は、私たちが死んだ後、何があるのかを明確に教えています。

「人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっている」(ヘブル人への手紙 9章27節)

私たちはやがて死にます。死後、神様の御前で、人生のすべてのことについて申し開きをしなければなりません。神様を抜きにした人生、神でもない木や石の偶像を拝んだこと、そして、偽りの言葉や誤った行動の罪、また、心の中にある汚れた思いの数々です。神様は聖書を通して、現在の私たちを「罪人である」と診断しておられます。ですから、罪人は裁かれ、地獄に行くのです。その事実を私たちは直感的に知っています。そこに死に対する恐れがあるのです。

私たちを不安に陥れる原因は、死後、天国に行ける、という確信を持っていないところにあるのです。 どれほど、豊かな人生を送っても、私たちは必ず死ぬのです。しかも死は、予告もなしに突然やってきます。そんな死後に対して、備えていないことが、私たちの心が満たされない理由でもあるのです。

ではどうしたらよいのでしょうか?

イエス・キリストは言われました

「この水を飲む者はだれでも、また渇きます。しかし、わたしが与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことがありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ます。」(ヨハネの福音書 4章13節〜14節)

「水」は結論から言うと、イエス・キリストを指しています。すなわち、彼こそが私たちの心を潤し、永遠の滅びから救う救い主なのです。

神様は、罪人である私たちを愛し、滅びからの救いの道を備えられました。それが、神の御子イエス・キリストです。

聖書は彼について次のように語っています。

「(キリストは)十字架の上で、私たちの罪をその身に負われました。それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるためです。キリストの打ち傷のゆえに、あなたがたは、いやされたのです。」(第一ペテロの手紙 2章24節)

キリストは、私たちを恐ろしい地獄の裁きから救うために、私とあなたに代わって、十字架上で死んでくださったのです。それは、私たちの罪の清算であり、罪の裁きの身代わりの死であったのです。そして、彼は三日目に墓の中から甦られました。

そのお方を心から信じる者は、神に罪を赦され、地獄の裁きからも救われ、永遠の命が与えられるのです。そして、私たちは自分が何のために生まれ、学び、仕事をするのかという真実の意味を知り得るのです。のみならず、どんなことがあっても変わることのない喜びと天国への希望が与えられるのです。

罪を赦され、死後の裁きからの問題を解決された時、人生の様々な楽しみは、本当の楽しみに変わってきます。表面的で、一時的な充実感ではありません。永続する充実感です。真実の満足へと変えられるのです。ここに、渇いた心が潤い、この世の何を持ってしても、満たされなかった心が満たされるのです。天下取りの徳川家康が最期に残したことばに、「人の一生は、重荷を背負うて遠き道を往くが如し」とあります。しかし、イエス様を信じる者にとっては、「人の一生は、イエス様に重荷を降ろして、天国の道を楽しく往くが如し」です。イエス・キリストはあなたを招いておられます。

「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたし(キリスト)のところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」(マタイの福音書 11章28節)

恵みキリスト教会札幌
〒064-0811 札幌市中央区南11条西6丁目2-28
TEL:011-513-5656お問い合わせ先