キリスト・イエスは罪人を救うためにこの世に来られた。 Tテモテへの手紙1章15節
Home
English

聖書Q&A
死とは?
死とは?

死とは、人間が絶対に避けることのできない事実で、必ずおとずれてくるものです。

「人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっている」(ヘブル人への手紙9章27節)と、聖書には書かれています。

人は死に、そして例外なくみんなが 死後、裁かれるのです。多くの人々は「死は消滅だ」と言い、死後の存在を否定します。それは大きな間違いです。

死とは“私自身が自分の体から分離して別な場所へ移る”ことです。聖書にははっきりと、私たち人間が死後も存在し続けることが書いてあります。(ルカの福音書 16章19〜31節)

私たちは“罪人”です。だから死後、神様から裁かれ、火と硫黄の燃える永遠の地獄で苦しまなければなりません。しかし、神様は私たちが地獄に行くことを望んでおられません。私たちはこの地獄から救われる必要があります。

このページの先頭へ
〒064-0811 札幌市中央区南11条西6丁目2-28
TEL:011-513-5656
お問い合わせ先
Home English