キリスト・イエスは罪人を救うためにこの世に来られた。 Tテモテへの手紙1章15節
Home
English

聖書と科学
アダムのあばら骨とiPS細胞

アダムのあばら骨から造られたエバ

アダムの肋骨とiPS細胞
エデンの園のアダムとエバ

世界最初の人間、アダムとイブ(聖書ではエバ)の名をお聞きになったことがある方も多いでしょう。聖書の最初の書物「創世記」を読むと、まず最初の人アダムが造られ、次に

「神である主は、人から取ったあばら骨を、ひとりの女に造り上げ」(創世記2章22節)

と書かれています。

(神が「深い眠りをその人に下された」という同21節の記述から麻酔という医療技術が生まれました⇒こちら)

もし、"男のあばら骨から女が造られた"と20世紀の人々が聞いたら、どう思ったでしょうか? それはおとぎ話としか聞こえなかったに違いありません。では現在はどうでしょう?

iPS細胞

2007年、山中教授の研究グループが、人間の皮膚細胞からiPS細胞の樹立に世界で初めて成功し、2012年にノーベル賞を受賞しました。

このiPS細胞(人工多能性幹細胞)とは、非常にざっくばらんに言えば、赤ちゃんのもととなる"精子と卵子が結合したひとつの受精卵"のようなものです。人間の受精卵は、1個の細胞ですが、人間を構成しているすべての細胞に分化していきます。そして私たち人間が人間の身体を持って産まれて来ます。

研究グループはすでに分化している体細胞に操作を加え、未分化の細胞に戻す(変化させる)ことに成功し、それをiPS細胞と名づけました。未分化であるiPS細胞は多種多様の細胞に分化できます。ですからiPS細胞を利用して、人の体を作っているどのような細胞も理論上は作製可能です。再生医療などへの応用が大いに期待され、現在も研究が押し進められています。

アダムの肋骨とiPS細胞

あばら骨から人を造ることは可能か

ということは、iPS細胞をもとにして、人体を構成できる可能性があるというわけなのです。人のあばら骨の細胞からiPS細胞を作製し、それをもとに人体を作り上げる科学技術、それは今や全くのおとぎ話ではないのです。

その科学技術に関して聖書は2000年以上も前に述べています。聖書は人類の科学の進歩の先を知っています。なぜなら聖書は神の御言葉だからです。

「昔あったものは、これからもあり、昔起こったことは、これからも起こる。日の下には新しいものは一つもない。」聖書・伝道者の書 1章9節

「あなたは聞いた。さあ、これらすべてを見よ。あなたがたは告げ知らせないのか。わたしは今から、新しい事、あなたの知らない秘め事をあなたに聞かせよう」。聖書・イザヤ書 48章6節


参考:http://www.cira.kyoto-u.ac.jp

医学博士 浜口千佳子

このページの先頭へ
〒064-0811 札幌市中央区南11条西6丁目2-28
TEL:011-513-5656
お問い合わせ先
Home English