キリスト・イエスは罪人を救うためにこの世に来られた。 Tテモテへの手紙1章15節
Home
English

息をするたび死に近づいている

人間は生きている間、考える、働くなど、さまざまな活動しています。この活動のためのエネルギーは、呼吸で取り入れた酸素を使って作られています。ところが、この活動エネルギーが作られる時にできる副産物が、細胞の中の遺伝子を傷つけてしまうのです(図10)。

図10 息をするたび細胞は死んで減っていきます

遺伝子が傷ついた細胞は死んでしまいます。こうして細胞の数が減って、老化していくとされています。
人は活動エネルギーを作るという、生きる営みそのものによって、老化していくと言えるのです。人は呼吸しないと死んでしまいますが、呼吸するたびに年をとっていくのです。

<< 前のページ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 次のページ >>
このページの先頭へ
〒064-0811 札幌市中央区南11条西6丁目2-28
TEL:011-513-5656
お問い合わせ先
Home English