キリスト・イエスは罪人を救うためにこの世に来られた。 Tテモテへの手紙1章15節
Home
English

救いのあかし
三 角 一 彦 (会社員)
三角一彦

私がイエス様を信じたのは、専門学校を卒業する、1995年2月のことでした。初めて教会へ行ったのは、1994年の10月です。のちに私と結婚をすることになる姉妹の、公の信仰告白であるバプテスマ式がある日でした。彼女は毎週日曜日に教会へ行っていました。

私も何度も誘われましたが、そのような西洋宗教に頼らなくても、自分でしっかりと生きていくと考え、決して教会へ行こうとはしませんでした。教会へはじめて行くことになったその日も彼女の誘いを警戒し、図書館へレポート書きということで、逃げていましたが、彼女は図書館へ来て、私を見つけだし、教会へ誘うのでした。他の人の面前もあるので、渋々OKする羽目になったのです。

初めて行く教会、いったい何を話されるのか、変な話に洗脳されないようにしようと、かなり警戒心を持って地下鉄に乗りました。教会へついて中へ入ると、それまでの教会イメージとは程遠く、「これが教会?」と思ってしまったほどで、掲げられた御言葉と、十字架のマークがついた、講壇が無ければ、その辺の集会所と変わらなかったのです。

そこで初めて聞いた、神舘牧師のお話には大いに同調でしましたし、うなづけました。しかし、こと神様の話になると、胡散臭さを覚え不快感まで感じ、ついには頭がガンガン痛くなってきたほどでした。

私は神様というものは、自分の心の問題であり、宗教に頼らなくては生きて行けない、弱い人間が信じるものだと考えていたのでした。そして、キリストも釈迦も天照大神も西洋と東洋の違いだけで、目指しているものは同じであり、人がどれを選択するのかはその人の自由であると考えていたのです。

ですから礼拝後の交わりの中で、「道は一つしかない」、「他は偶像崇拝であり、何の意味も無く、それどころか大きな罪を犯している」といわれてもピンとこなかったし、いくらなんでも他を非難することまでないのではと、腹立たしさを覚えたほどでした。

そのような状態で家に帰ったものですから、二度と教会なんかに行くものかと思ったのです。彼女は相変わらず礼拝に通い、私に地獄の話、救いの話をするのですが、気にも止めず、そして神様がもし存在するなら、なぜこんな世の中になっているのかと疑問を投げ続けたのです。神様を信じている人の話を、自分中心に考えている私に向けられても、何か一つピンと来なかったし、信じるに値するものではないと聞いていたのでした。

ところが、教会には行きたくないけれども、さまざまな疑問を神様はどう言っているのか知りたいなと、自分の心に芽生えてきたのです。でも口に出る言葉は教会を非難してましたし、彼女が誘っても決して行くことはしませんでした。

ある日のことです。学校が休みで部屋にいると、教会の方が訪れ、「今度特別伝道集会があるので、また教会へ来てみませんか」と誘われたのです。心の中で疑問を解決したいと考えていた私は、相手が拍子抜けするぐらいの二つ返事でOKしたのです。いくら彼女が誘っても行こうとしなかった私がです。クリスチャンになって分かりましたが、神様が働いておられたのです。

そこで改めて牧師先生の話を聞いて、死は無ではなく永遠の始まりであり、私は地獄へ行かなくてはならない罪人であると理解できたのです。「地獄へなんか行きたくない」と強く思い、最後の祈りの中で、牧師先生が「今日イエス様を信じて地獄より救われたいと思った方、少しでいいです、手を挙げてください」と聞いたとき、私は手を挙げてイエス様を信じると告白したのです。

その時は何か肩の荷が降ろされたような気持ちになったものの、いま一つ救われたんだということがよくわかりませんでした。それどころか自分は何一つ変わってないと実感したのです。変わったのは信仰が持てたことであり、それ以外はパチンコもする酒もガンガン飲む生活が続いたのです。

しかし信仰が成長し、イエス様のことがだん分かってくると、「酒で紛らわして何になるの」と思うようになり、「パチンコなんてするな」と思わなくても、自然と止められるようになったのです。絶対に止められないと思っていたものから開放されたのです。ここにも神様が働いておられたと確信できました。

「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じるものが、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」(ヨハネの福音書 3章16節)

どんな行いをもってしても地獄より救われない人間が、イエス様を神様、救い主と信じる信仰だけで天国に入るものとされることをこの御言葉から知ったとき、なんてイエス様はすごいお方なのかと思いました。イエス様は、全人類、その中の一人である、私の罪のために身代わりとなって十字架についてくれたんだ、とはっきり信じることができ、感謝しています。

〒064-0811 札幌市中央区南11条西6丁目2-28
TEL:011-513-5656
お問い合わせ先
Home English