キリスト・イエスは罪人を救うためにこの世に来られた。 Tテモテへの手紙1章15節
Home
English

救いのあかし
中 川 晃 彦 (会社員)
中川晃彦

私は、イエス様を信じるまで「自分には確かに罪はあるけれど、行いは悪くない」と思っていました。そして、天国も地獄もなくて、死後は霊になってこの世をさまようものだと思っていました。

そんな中、ふとしたきっかけで、クリスチャンの友達の誘いで教会に行くことにしました。そのときは、教会というのは単なる社会的集団だと思っていました。そして、自分の人生に有益な(〜と言っても自分中心の「有益」ですが)格言があるといいな、という気持ちでいました。

教会にはじめて来て、イメージとのギャップにとまどいました。そして、あるクリスチャンが聖書から地獄はあるということ、そして私はそこに行かなければならないということを言われました。受け入れられませんでした。まさか、自分が?そういう気分でした。その時は、聖書が間違ってるんだ、と自分に思い込ませました。

それでもなぜか、教会に何度か行きました。そのうち「これは信じるべきではないか。」と思いました。人は誰でも罪人で私もそうであると自覚しはじめていたからです。それから信じようと思いはじめましたが、「信じる」ことがどういうことか、私には明らかではありませんでした。・・・悩みました。

ついに理解して、イエス様を信じることに決めました。信じてから、たくさんのことが見えてきました。イエス様は本当に私の罪の身代わりとなって死んでくださり、イエス様を信じた私は、そのために今、罪と地獄の場所から救われたということ。そして私は信じました。また、信じることができたのは、ただ神様からの恵みによること。そして、自分がとっても幸せな身分になったということです。

このように、私は罪から救われて天国に行く者となりました。私が救われたように、まだ信じていない人たちも信じることができますように祈り、福音を証ししていきたいと思います。

〒064-0811 札幌市中央区南11条西6丁目2-28
TEL:011-513-5656
お問い合わせ先
Home English