キリスト・イエスは罪人を救うためにこの世に来られた。 Tテモテへの手紙1章15節
Home
English

救いのあかし
岡 本 颯 星(学生)
岡本颯星

いつ信じたかは正確には覚えていませんが、気付いたら私はイエス・キリストを信じていました。不思議な話ですが、しかしそれはオカルト的な事ではなく聖書について聞く機会が多く、またイエス・キリストについても話してくれる人が身近にいたからだと今振り返ると思います。

私は聖書の話を聞く前から神様は存在するのでは?と思っていました。しかしその根拠などはなく、ただ漠然と「神様」という存在を捉えていただけでした。神様について強く肯定できる証拠は何もなく、それを追求しようという気持もありませんでした。そのような生活の中で、ある日教会に誘ってくれた友人がいて私はその日から毎週ではないものの教会に行くようになり、そこで神様が存在する根拠や神様がどのようなご性質なのかを聖書から少しずつ知っていきました。

聖書を読み進めるにつれ、印象に残ったのは神様の人に対する態度でした。人間というものは、聖書を読んでいくと分かると思いますし現在もそうですが、いつも聖書に書いてある本物の神様を裏切り、神を神として礼拝せず、またいつも反抗しているものであると気づかされました。その反逆は終わる事がなく、聖書には「全ての人が罪を犯した」と書いてあり、その罪ゆえに地獄に行くと知りました。

私の心を捉えたのは「でも神様は人を見捨てることはなかった」ということです。イエス・キリストがその証拠だというのです。聖書が私に教えてくれたのは、神の御子であるイエス様が人の身代わりとなって十字架で命を落とし、3日目に死から復活したこと、そしてイエス・キリストを信じる者は地獄から救われ天国に行くいうことでした。この救いは神様の深い愛と恵みによると知った時の感動を、忘れることはできません。

先述したとおり私は聖書を読むにつれ本物の神様の愛を知り、気付くとイエス様を信じていました。これが私のあかしです。

〒064-0811 札幌市中央区南11条西6丁目2-28
TEL:011-513-5656
お問い合わせ先
Home English