キリスト・イエスは罪人を救うためにこの世に来られた。 Tテモテへの手紙1章15節
Home
English

救いのあかし
渡 邊 美 香 (看護師)
渡邊美香

私は、小学生の頃にカトリックの日曜学校に通っていました。そこでの紙芝居や絵本などから、漠然とですが神様に興味を持つようになりました。

高校生になり、家庭でのコミュニケーションがうまく取れなくなりました。そのような中で「なぜ生きるのか?死んだらどうなるのか?」と考えるようになり、空しい毎日を送るようになりました。

23歳の時、姉に誘われて教会へ行きました。そこで初めて、福音を聞きました。私は罪人であり、死後は地獄に行かなければならない。しかし、神様は私を愛してくださり、地獄から救うために、イエス様が私の罪を背負い十字架に掛かり死んでくださった。また、三日目に甦ってくださった。そのイエス様を信じるだけで救われる。という事を知りました。私は、ただただ地獄から救われたいという思いからイエス様を信じました。1987年2月のことでした。

イエス様によって罪が赦され死後の問題が解決しただけでなく、生きる目的も見つけ、空しい気持ちはなくなりました。喜びと感謝でいっぱいです。

〒064-0811 札幌市中央区南11条西6丁目2-28
TEL:011-513-5656
お問い合わせ先
Home English