イントロ>たんけんちず>この世界ってはてな? >いじめはどうしてあるの?



いじめはどうしてあるの?

 

 新聞やニュースで、よくいじめの記事(きじ)がでてきます。
あなたのまわりでも、いじめを見たことがあるかもしれません。
こどもだけでなく、大人の中にもいじめはあります。
むかしから、いじめや迫害(はくがい)(弱い人をくるしめること)はたくさんおこってきました。


 世の中には、なぜいじめがあるのでしょうか?
聖書(せいしょ)から、そのこたえをさがしてみましょう。
聖書には、神さまのみことばが書かれています。
聖書をとおして、神さまがこたえを教えてくださるのです。


 聖書(せいしょ)には、こんなことが書かれています。

 「人の心から出て来るものは、(わる)い考え、不品行(ふひんこう)(ぬす)み、殺人(さつじん)姦淫(かんいん)貪欲(どんよく)、よこしま、(あざむ)き、好色(こうしょく)、ねたみ、そしり、(たか)ぶり、(おろ)かさであり、」 マルコ7:21、22

 ここには、たくさんの悪い心が出てきます。ぜんぶ、わたしたちの心の中にあるものです。
その中に、「高ぶり」という心が出てきました。
「高ぶり」というのは、自分がほかの人よりもえらい、と思う心です。
そして、ほかのだれかを、自分よりくだらない、価値(かち)がない、と思うようになります。
この「高ぶり」という心が、いじめの原因(げんいん)になるのです。


 この「高ぶり」をますます大きくしてしまう、ひとつの考えがあります。
それは、「進化論(しんかろん)」という考えです。
「進化論」というのは、アメーバのようなものから、だんだんと進化(しんか)して人間になったという考えです。
「進化論」には、強いものや、自然(しぜん)環境(かんきょう)に合ったものだけが生きのこって、子そんをふやしていく、という考えかたがあります。
この考えかただと、生き物が進化するために、弱いものや、自然に合わなかったものは、どんどんほろびていく、ということになります。


 この考えかたをしんじて、実現(じつげん)しようとした人がいます。
ヒトラーという人は、ユダヤ人という民族(みんぞく)迫害(はくがい)した人です。
彼は、「ユダヤ人は(おと)っている民族である」言いました。
そして、人間が進化するためには、このユダヤ人をほろぼさなければならないと、自分の国の人たちにしんじさせたのです。
人々は、ユダヤ人をほろぼすのは正しいことだと思い、たくさんのユダヤ人がざんこくに殺されました。


 こんなざんこくな考えかたが、ほんとうに正しいのでしょうか?
「進化論」というのは、ただの考えであって、けっしてほんとうのことではありません。
生き物の研究(けんきゅう)で、からだのこまかいしくみがわかるようになって、進化論では説明(せつめい)できないことがたくさん出てきているのです。 (ほんとうにサルから進化したの?



 神さまは、聖書の中で、このように言っておられます。

 「 わたしの目には、あなたは高価(こうか)(たっと)い。わたしはあなたを(あい)している。」 イザヤ43:4

 どんな人も、神さまにつくられた、たいせつな人です。
いなくなってもいいという人は、ひとりもいないのです。

よぞらのほし


つづきをよむ


この世界って?にもどる   探検地図に行く