恵みキリスト教会札幌出版部
トラクト
不思議な人体の知恵
死はカラダにプログラムされている
著者:医学博士 浜口 千佳子
わかりやすくあなたのカラダのフシギをご紹介(動画付き)
・未来を知っているキミのリンパ球
・キミの体をつくった指令DNA
・息をするたび死に近づいている
A5版カラー10ページ(イラスト入り)
レビュー *医学的用語がところどころ入っているにもかかわらず、全く分野外の私でもスッキリ読める冊子です(30代男性)
*バリバリの理系の人が神を信じてることに興味がわき読みました。おもしろかったです(40代女性)
Cancer Gift(キャンサーギフト)
神様からの贈り物
著者:畠山 直子・神舘 ハンナ
ある日がんと宣告され、がんと向き合った二人の女性。
がんを知った日から今現在に至るまでの治療や経緯や胸の内・・・。
長い闘病生活の中から、がんと言う病を通して得たものはなんだったのか。
二人の女性が、「今、あなたに伝えたい」その思いがこの1冊になりました。
B6版(表紙カラー)35ページ
レビュー *いきなり知ったがんにどう向き合ったのか、それぞれの体験や気持ちが話されていてわかりやすかったです(40代女性)
*今がんの治療をしている人にぜひ読んでもらいたいと思いました(40代女性)
真理くんの大発見!
フィクションストーリー(中学生から大人向け)
著者:医学博士 浜口 千佳子
真理くんは、病院の見学に来た医学部1年生。
いろいろ見たり、先生から話を聞いたりするうちに、
彼の心の中にわき上がってきた素朴な疑問とは・・・。
あなたも真理くんと一緒に、答えを探しませんか?
B6版10ページ(カラー挿絵付き)
レビュー *易しく楽しく読めます。お友達にプレゼントしたいです(60代女性)
*医学生の素直な目線からのお話の展開にとても好感が持てました(40代男性)
がんという贈りものnew
著者: 浜口 千佳子(小児科医)
「がんという誰もがなりたくない不幸の代名詞のような病は、
父にとって、天国へ入るきっかけとなる贈りものだったと思います。」(本文より)
がんの父親が信仰を持つようになった経緯を娘の目から記しました。
A5版12ページ(カラー挿絵付き)
レビュー *自分も病気なので読んでみようと思いました(70代男性)
*イエス様を信じていない父親から勘当されているいちクリスチャンとして励まされました(30代男性)
進化論を斬る
進化論は仮説であって、証明された事実じゃない。
恵みキリスト教会札幌進化論対策班が、進化論を斬る!
製作予定
販売:福音のタネ工房 hakobune
ご注文はこちら
出版物の問い合わせ先→お問い合わせ
販売に関する問い合わせ先→hakobune.shop@gmail.com
サンプルプレゼントはこちら
(クリスチャンの方はご遠慮ください)