遺伝子は人の設計図

「遺伝子」とは何でしょう。ひとことで言うとそれは「人間の設計図」です。それは、父親と母親から半分ずつ受け継いだもので、体の細胞の核にあります(図6)。

図6 遺伝子は細胞の核にあります


図7 赤ちゃんが作られていく様子

ところで、人間は精子と卵子が結合したたった1個の細胞から始まります。その細胞が2個に、2個が4個に、4個が8個にと分裂して増えていくわけですが、はじめのころは全部同じ細胞で、上下左右の区別もありません。ところが、ある細胞は手に、足に、また心臓に、腸にと分かれて体を作っていくのです(図7)。そして50日目ころには、もう小さい小さい赤ちゃんです。この不思議な変化は遺伝子の働きによって起こります。

<< 前のページ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 次のページ >>

スマートフォン版を表示