キリスト・イエスは罪人を救うためにこの世に来られた。 Tテモテへの手紙1章15節
Home
English

聖書Q&A
イエス・キリストの十字架の死
イエス・キリストの十字架の死

私たちのこの世界は、神様を無視し、うそ、偽善、ねたみ、殺意、そして憎しみに満ちています。人間は神様の前に罪を犯しています。神様は正しいお方なので、罪は必ず裁かれます。そのため、すべての人間には、死後、地獄で永遠に苦しまなければならないことが定められています。

「人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっている。」(ヘブル人への手紙 9章27節)

ところが、神様は、このような罪人さえ愛してくださり、地獄の裁きから救おうとしてご自分の御子をこの世に遣わしてくださいました。

「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」(ヨハネの福音書 3章16節)

神様は私たちの上にではなく、ご自分の愛する御子の上に私たちの罪の責めと呪いをおかれました。そして、十字架につけ、私たちの罪の刑罰の身代わりとして刑を執行されました。

これがキリストが十字架で死なれた理由であるのです。キリストが十字架上で苦しみ、一滴一滴の血を流してくださったのは、私とみなさんを、罪の刑罰である地獄から救うためであったのです。

このページの先頭へ
〒064-0811 札幌市中央区南11条西6丁目2-28
TEL:011-513-5656
お問い合わせ先
Home English