キリスト・イエスは罪人を救うためにこの世に来られた。 Tテモテへの手紙1章15節
Home
English

虫と花

さらに,花は色が変化しても、すぐにしおれずにしばらく咲き続けます。これは,遠くにいるチョウに花の存在をアピールするためなのです。

花に備わっている仕組み

一見何気なく咲いてしおれていく花に,積極的にチョウを利用して,効率よく花粉を分配させる仕組みが備わっているとは!そして,植物とチョウの両方が利益を受けるようになっている。聖書には次のようにも書いてあります。

虫と花

「あなたは御手を開き,すべての生けるものの願いを
満たされます。」

詩篇145篇 16節

このような生き物のやりとりを見ると,素直にすごいなぁと感心してしまいませんか?そして,「実に良くできている。」と言いたくなるでしょう。私たちは,機能的であったり,デザインが良かったりする製品には「すばらしい。」と言います。そして,それを考案した人はきっと頭がいいとか,センスがあると考えます。では,この自然,地球,宇宙を見たり、触れたり、感じたりして、「良くできている」と思うとき,人間よりもはるかに知恵があり,はるかに優れたデザインセンスの持ち主がいると、どうして思わないことがあるでしょう?
聖書はその持ち主こそ,神様であると教えているのです。

「神の永遠の力と神性は,世界の創造された時からこのかた,被造物によって知られ,はっきりと認められるのであって,彼らに弁解の余地は無いのです。」      ローマ人への手紙 1章20節

参考文献: Weiss M.R., 1991. Floral colour changes as cues for pollinators. Nature, 354, 227-229.

農学修士 加藤信洋

<< 前のページ 1 / 2 次のページ >>
このページの先頭へ
〒064-0811 札幌市中央区南11条西6丁目2-28
TEL:011-513-5656
お問い合わせ先
Home English